学校のサボり率を家庭環境

学校に関する雑学

校舎

学校をサボる大まかな理由

小学生の頃は、学校をサボるとい人はほとんどいないですが、学年が上がるにつれサボり率が増加します。サボる理由としては、勉強についていけないということや、中学生になると、悪い大人と関わって、自分も大人になったような気分になり、学校なんか行ってられるかと投げやりになったりします。こうした子ども達に共通するのは家庭環境において問題がある場合がほとんどです。特に母親の存在が本当に大切です。朝玄関でいってらっしゃいと言ってもらえる子どもと、朝1人で起きて、1人で朝ごはんを食べ孤独に登校する子供では、その差は歴然です。あさのいってらっしゃいが子供をサボりといったことから遠ざけてくれます。

子供をサボらせてレジャーに

本来、学校をサボり、その時間を遊びに費やすことはよからぬことです。しかし、最近はよく、学校を休ませてレジャー施設に行ったり、海外旅行に行くという話を耳にします。そして、それはひと昔前にはあまり聞かなかったことです。ただ、幼稚園児なら理解できますが、小中学生は義務教育ですので、基本的にそれを平然と行ってしまうのは一般的にはよろしくないことです。ただ、それを全面的に否定することはできません。中には両親がサービス業で土日祝日ずっと仕事の家庭もあり、その子供達にとって家族で過ごすその一日は、授業では学べない大切な時間となるからです。

学ぶべき学校の情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のサボり率を家庭環境. All rights reserved.